モバイルエコーの市場規模

モバイルエコーの市場規模 超音波診断装置であるエコー器を使った診断は患者が医療機関に出向いて現場で診療を受けるものでしたが、今は携帯式のモバイルエコーの開発が進み、また使用されることが多くなってきています。市場調査報告書によればエコーの市場規模は2009年に4500億円、2014年には5300億円と拡大を続けていて、なかでもモバイルエコーは年率10%以上の成長率を示しています。
今後もモバイルエコーの普及率が一層高まることが予想され、モバイルタイプが好まれる理由として医師がそれを持ち運びすれば、医療機関以外の場所でも患者の体内をチェックすることができます。
また最近のモバイルエコーは精度がますますよくなり、操作も簡単で扱いやすくものとなっています。ワイヤレスに接続しているものもあり、無線LANがあれば画像をメールで送ることができ、その画像を医師だけでなく、患者やその家族と共有することにより、医師と患者のコミュニケーションの向上にも繋がります。

モバイルエコーを販売している会社をチェック

モバイルエコーを販売している会社をチェック エコーはさまざまな病気の検査に使われる機械ですが、従来のものは大型で持ち運びには向いていませんでした。小型のモバイルエコーなら軽量で持ち運びしやすいですし、片手で簡単に操作できるというメリットもあります。また、スキャンしながら自由に本体を移動させられることもポイントです。
治療の説明をする時にも、患者に画像を見せて説明をすることができます。大型のエコーでは本体や画面を移動させるのに手間がかかってしまいます。モバイルエコーであっても有線のものでは、コードが届く範囲でしか本体を移動させることができません。ワイヤレスのモバイルエコーの場合、スキャンをしながらストレスなく本体を動かすことができますし、患者の状態に関係なく画面を見せることができるのです。
ドクターが手に持った端末を患者に見せることにより、信頼関係の構築にも繋がります。モバイルエコーはいろいろな会社から販売されているため、商品の特徴をチェックしておくと良いでしょう。