モバイルエコーで関節の状態を手軽にチェック

モバイルエコーで関節の状態を手軽にチェック モバイルエコーは最新の医療器具で、緊急性がある疾患はもとより、簡易的にも利用ことのできる携帯型超音波診断装置であります。
ドクターヘリなどで搬送中にこの機器を利用して簡易的に画像診断をしたり、在宅緩和ケアなどの場面で医師が利用して患者さんの症状を診断したりと活用しています。
病院やクリニックに常備されている大きく移動に不便な機械ではなく、携帯できるサイズであるため、様々な医療の現場で活用することのできるものです。
モバイルエコーを利用して関節痛を画像診断し、炎症が起きていないかなどを診断することもできます、また、ドクターヘリや在宅ケアの場面で機械を操作しその画像をモバイル端末(スクートフォンやタブレット端末)に接続して、緊急性がある時にはその診断をいち早く搬送先の病院などに無線で送信することもできます。
そうすることで病院などの医療機関は搬送されてくる患者さんの受け入れをスムースに行うことが可能になったのです。

レントゲンには映らない筋肉の異常もモバイルエコーなら見える

レントゲンには映らない筋肉の異常もモバイルエコーなら見える 繊細な細胞や臓器の結集体であるのが人間の体であり、医療機関におけるレントゲン検査であっても、すべてが映るわけではありません。
ですが異常はどこに起きるかは調べてみなければわからず、筋肉や血管に皮膚や人体などまでも、画像を映し出すことができるのがモバイルエコーです。
もしも神経や靭帯に血管など異常を調べるために、病院でレントゲンを撮るとしても、それは放射線を無駄に浴びてしまう事になります。
しかしモバイルエコーを使う事で、筋肉や靭帯などで起こっている損傷も、把握をすることは正確です。
動いている状況までも、モバイルエコーの使用であればタイムリーにその場で見ることができます。
リアルにその時の状態を見て判断ができますので、異常もダイレクトに見て知ることが可能です。
多くの医療機関では最初に診察を医師が行い、超音波画像診断が相応しいと判断すれば、無駄にr年と源撮影をすることはありません。
必要な際にはレントゲン撮影をするにしても、モバイルエコーを賢く使いこなしています。